医療法人清友会 植田病院
医療法人清友会 植田病院
精神科診療時間のご案内
内科外来時間のご案内
医療相談のご案内
施設のご案内

 植田病院は、昭和10年に「植田山診療所」として開設し、結核療養所「筑後保養院」を経て、精神科を増床し、昭和61年に「植田病院」と改称しました。昭和63年には、「医療法人 清友会」を設立し、現在では「老人保健施設 クリーンパル・ゆう」以下7つの関連施設を持つ保健・医療・福祉の包括的な機能を持つ「医療法人 清友会 植田病院」となりました。

 

私たちは、日本における人口統計・公衆衛生の推移による疾病構造の変化や社会制度の改訂に応じて、患者様に最高の保健・医療・福祉サービスをご提供できるよう変遷を遂げて参りました。

 

これからも、創立当初からの基本理念である「和」の心を持って、地域の皆様の健康と幸せを支える病院であるべく、努力して参ります。

 【インフォームドコンセントについて】
患者様を中心とした医療を行うために、症状や投薬、手術、検査について主治医が責任を持って説明を行い、患者様やご家族の十分なご理解を得た上で診療を行います。
インフォームドコンセントとは、「十分な説明を受け、良く理解した上(インフォームド)での合意(コンセント)」という意味です。

 

合意は、双方の意見の一致が基本ですので、提案された診療方針を患者様が必ず受け入れなければならないということではありません。患者様が十分納得できる医療を患者様自身が選択することが大切です。

 

【セカンドオピニオンについて】
セカンドオピニオンとは、患者様が現在の自分の症状や治療方針について主治医以外の医師の意見を求めることをいいます。別の立場の医師から意見を聞くことにより、提示された治療法を比較することができ、より適した治療法を患者様自身が選択することができます。

 

当院では十分な「説明と同意(インフォームド・コンセント)」に加え、よい治療法を患者様自身で選択できるように、セカンドオピニオンを積極的にお勧めしています。

 

患者様が当院以外の医師の意見を求められる際には、当院での診療上の情報を積極的に提供いたします。
また、院外の患者様からのご要望に対して当院医師によるセカンドオピニオン提供も行っています。